公益財団法人埼玉県暴力追放・薬物乱用防止センター
TOPページ
相談窓口一覧
主な活動内容
暴力団トラブル解決Q&A
民暴弁護士だより
27の禁止行為
暴力団対応12則
不当要求防止責任者講習のご案内
薬物乱用防止Q&A
暴力追放・薬物乱用防止ビデオ 無料貸し出し
センター便り
賛助会員募集
センター業務に関する資料
中期経営計画
プライバシーポリシー(個人情報保護方針)
 
埼玉県警察HPへのリンク
暴力団対策
埼玉県暴力団排除条例
薬物乱用のない社会を
 
 
理事長のご挨拶
 

(公財)埼玉県暴力追放・薬物乱用防止センター
理事長(埼玉県市長会会長・熊谷市長)
富岡 清
(就任日〜平成30年6月29日)

 公益財団法人埼玉県暴力追放・薬物乱用防止センター理事長の富岡でございます。
 平素より県民の皆様をはじめ関係機関、団体並びに賛助会員の皆様には、当センターの事業活動全般にわたりご理解とご支援を賜り、心より感謝を申し上げます。
 当センターは、「暴力及び薬物乱用のない安全で平穏な街づくりに寄与する」ことを目的に平成元年5月に設立されて以来、原点を見失うことなく活動しておりますが、この間、暴力団対策法に基づき、平成4年7月には埼玉県公安委員会から「暴力団追放運動推進センター」として指定を受け、平成25年2月には国家公安委員会から暴力団組事務所の使用差止請求の代理訴訟が行える「適格センター」として認定を受けて事業活動の範囲が広がっております。また、平成23年8月に埼玉県暴力団排除条例が施行され、社会全体で暴力団を排除するという取組気運が一層高まったことにより、各地域、職域において暴力団排除組織が数多く結成されるなど、社会全体で暴力団の壊滅に向けた対策が大きく前進しているところです。
 さて、暴力団は、警察の強力な取締りとともに「社会対暴力団」の取組み気運が高まる中、組員数は大幅に減少するなど相当なダメージを受けていることが窺えますが、依然として一定の勢力を保持しながら、組織の実態を巧みに隠し、資金獲得活動の手口を多様化、巧妙化させるなど様々な形態で不当要求行為を繰り返しており社会の安全はいまだ脅かされております。
 加えて、暴力団の資金源となっている覚醒剤、大麻などの薬物事犯は市民層まで拡散しており、とりわけ比較的手の出しやすい大麻は若年層への広がりが懸念されるなど憂慮される状況にあります。  当センターではこのような情勢の中、引き続き県民の皆様や関係機関、団体の皆様と手を携えて、全県民の切なる願いであります暴力団の存在を許さない、そして薬物乱用を根絶するという社会環境づくりのための活動を推進してまいります。皆様の一層のご理解、ご支援をお願い申し上げます。

 
主な活動内容
 
暴力追放三ない運動
 
暴力追放及び薬物乱用防止のための広報啓発活動
・暴力追放・薬物乱用防止埼玉県民大会の開催
・ポスター、パンフレット等の作成配布、
 キャンペーン等の活動
・ビデオ等の貸出し
 
地域及び職域における暴力追放及び薬物乱用防止に関する地域職域活動の支援
・民間の暴力排除組織に対する支援
 →暴力団事務所撤去などの住民運動
 →暴力追放及び薬物乱用防止の意識高揚を目的とした各種大会
 
暴力団の絡む困りごと及び薬物乱用防止に関する相談活動?〜相談は無料、秘密厳守〜
・面接相談〜来訪者
・電話、手紙による相談
 →相談時間 午前8時30分〜午後5時15分(土・日・祝日を除く。)
 →相談委員 経験豊かな警察官OB、民事介入暴力専門の弁護士

暴力団関係相談 048-834-2140 【ヤミヨツイホー】
薬物乱用に関する相談 048-822-4970 【ヤメテニコニコヨクナレ】
暴力団離脱相談 048-822-3148 【ヤメテニコニコサイシュッパツ】
 
暴力団からの被害を防止するための講習?〜不当要求防止責任者講習の実施〜
・事業者を暴力団の不当要求の被害から守るための講習(無料)
 →講習の申込みは各警察署刑事課へ
[講習内容]
・暴力団の現状 ・暴力団対策法の解説 ・資料の配布
・暴力団員からの不当要求に対する具体的対応要領
・受講修了書の交付
・不当要求防止責任者選任済之証の交付
 
暴力団離脱者の社会復帰を支援する活動
・暴力団からの離脱方法などについてのアドバイス
・離脱者の就労相談及び埼玉県暴力団離脱者社会復帰対策連絡会との連携
 
暴力団等にかかる犯罪被害者に対する保護・救済活動
・見舞金の支給
・損害賠償請求等民事訴訟費用の無利子の貸付
・暴力追放又は薬物乱用防止運動を行って受けた財産的被害の修復費用の
 無利子貸付
 
民事訴訟(事務所撤去等)の支援等
・暴力団事務所の立ち退き訴訟支援(相談の受理と弁護士の紹介)
・適格センターとして暴力団事務所の付近住民等から委託を受けて行う
 使用差止請求訴訟等
 
その他
・少年に対する暴力団の影響排除
・暴力追放功労団体・功労者などの表彰
 
Copyright(c) 公益財団法人埼玉県暴力追放・薬物乱用防止センター All Rights Reserved.