公益財団法人埼玉県暴力追放・薬物乱用防止センター
TOPページ
相談窓口一覧
主な活動内容
暴力団トラブル解決Q&A
民暴弁護士だより
27の禁止行為
暴力団対応12則
不当要求防止責任者講習のご案内
薬物乱用防止Q&A
暴力追放・薬物乱用防止ビデオ 無料貸し出し
センター便り
賛助会員募集
センター業務に関する資料
中期経営計画
プライバシーポリシー(個人情報保護方針)
 
埼玉県警察HPへのリンク
暴力団対策
埼玉県暴力団排除条例
薬物乱用のない社会を
 
 
暴力追放・薬物乱用防止「ビデオ」無料貸出し
 
貸出無料です
当センターでは、下表のとおり暴力追放・薬物乱用防止のビデオを備付け、無料貸出しを行っています。 地域の大会、集会、職場の会議、研修会などにご利用ください。
申込はお電話で 048-834-2140
 
貸出ビデオ一覧
 
暴力追放ビデオ
 
番号 タイトル・内容 時間
1 シャットアウト! 「行政対象暴力」 42分
  ある市役所において、永年のしがらみであった、幹部職員に対する機関紙購読要求や公共工事への下請参入要求などの悪き慣習は、「行政が暴力に屈することは許されないこと」との職員らの決意により、市を上げて組織対応することになり、警察や暴追センターと連携して暴力団を排除する。  
2 シャットアウト! 「企業対象暴力」 
39分
  企業(銀行)がこれまでの反社会的勢力との癒着を払拭するまでのドラマと解説。  
3 狙われた行政 〜失敗を糧に〜
30分
  ある地方都市で生活保護費詐欺事件が発覚。これをきっかけに、再発防止と不当要求撲滅に向けて取り組む市役所が、公営住宅から退去を求め暴力団員に立ち向かうという事例を通し、行政対象暴力への対策・対応要領を解説しています。
VHS
DVD
4 黒い契約者
30分
  暴力団サイドの視点から不動産会社、ホテルに対して不当要求に及んでいく手口・方法を描写しながら、暴力団組織内の階層的な上下関係、上納金制度を分かりやすく説明するとともに、「暴力団は金がすべてである」ことをドラマ風に描いています。また、「暴力団排除次項」についても分かりやすく説明しています。
VHS
DVD
5 黒いパートナー
34分
  暴力団を利用したらどうなるかをテーマに、ネットオークションを業務とするIT企業でトラブルが発生して、その問題解決に素性を隠ぺいした暴力団を利用したことから次々に不当要求を受けた結果、株価は暴落の憂き目に遭う。コンプライアンス室長を中心に立ち向かっていく様子をドラマ風に描写しています。
VHS
DVD
6 それでもヤクザはやってくる
85分
  川崎でスナックを経営する宅麻伸扮する宮本は少年期に、ヤクザの夫を持つ叔母が借金の形に連れ去られて以来、暴力団を嫌悪し続けた。そのため店には暴力団の入店を断っていたが、暴力団による実力行使や様々なトラブルは後を絶たない。
そんな中で宮本は若手弁護士(小倉優子)とともに、数々の困難に立ち向かっていく姿を描いています。
DVD
7 暴力追放シミレーション 〜恐怖の支配を打ち切るために〜
30分
  交通事故をめぐる暴力団からの不当な要求に対し、実際にDVDのストリーに沿って対応していただく実践訓練用です。
DVD
8 社会VS暴力団
40分
  2本立てのドラマが納められています。
(1) 卸業者の営業部長が、長年取引のあった顧客が指定暴力団の関連企業だったことを知り、困ってしまい暴力追放センターに相談し、契約事項に「暴力団排除条項」を導入し、契約を解除するまでの22分間ドラマ
(2) スナック経営者が、暴力団からみかじめ料を請求されたが、その模様を録音して警察に相談し、暴力団は脅迫で逮捕された。経営者は報復を恐れ警察と暴追センターに相談、担当者から「代表者責任追及」訴訟を起こすように説かれ、訴訟を起こすため、市民、警察、暴追センター弁護士、行政が一体になり、町から暴力団を一掃すべき戦う姿を18分間ドラマにしたもの。
DVD
9 みんなの力
30分
  ガソリンスタンドや弁当屋等の個人商店に対し、難癖をつけて、不当要求をしていく暴力団を商店街の仲間が一致団結して、警察、暴追センター、弁護士の支援を得て、不当要求をはね返し、商店街から暴力団を排除し、損害賠償を請求していくまでをドラマ風に描いています。
VHS
DVD
10 負けへんで!
31分
  民事介入手口とその対応要領
(1)交通事故に関する事例
(2)店舗営業に関する事例
(3)マンションの賃貸借に関する事例
(4)機関誌購読の強要に関する事例
(5)近隣トラブルに関する事例
VHS
DVD
11 不当要求の手口と対応
49分
  迷惑電話(19分)とクレーマー(30分)に対する対応要領
DVD
12 断絶 31分
  資金繰りに窮した会社経営者が、素性も分からない投資顧問会社(共生者)を利用したことを機に、その後、次々とフロント企業から契約取引の要求を受け、最終的に企業が暴力団に食い物にされていくようになり、それに対し、企業が勇気を出して立ち向かっていく事例。
DVD
13 それでええんか?撃退法
44分
  書籍購入要求の悪い対応例/良い対応例(11分)
忘年会申し込みの悪い対応例/良い対応例(10分)
公共工事下請け参入要求の悪い対応例/良い対応例 (23分)
DVD
14 決別への道
35分
  小料理店は暴力団と知りながらやむなく暴力団の会合場所として提供していたが、自主的に暴力団との関係を断とうと決意する事例と零細企業の社長が久しぶりに会った同級生が暴力団と判明、社長は表明・確約書・暴力団排除条項が入った契約書で立ち向かい、経済取引から暴力団を排除していく事例。
DVD
15 あなたらどうする?
45分
  「言いがかり」や「脅し文句」など常套句で執拗に企業に迫る反社的勢力や悪質クレーマー。さあ、あなたらどうしますか?不当要求の対応方法を弁護士が解説しています。
DVD
16 解説!暴排条例
〜これからの暴力団対策〜
36分
  大阪府警察本部が制作したもので、元請契約を依頼した事例、駐車場を無断使用させた事例、盆栽を高額で買い取った事例、正規の値段でも利益供与に当たる事例で条例違反になるかどうかを解説
DVD
17 鉄の砦
50分
  行政対象暴力で、第一部は行政が一丸となって行政暴力に立ち向かうことが大切である旨の事例(30分)第二部は暴力団等の不当要求に行政担当者が屈した結果についての事例(20分)
DVD
18 闇にひそむ影
35分
  住宅総合メーカーの新入社員が不動産契約と取り付けたが、暴力団のフロント企業であることが判明、暴排条項・表明確約書を活用し暴力団との契約を破棄する事例と以前から暴力団と知りながらやむなく電気設備契約をしていた商店街が条例施行を機に暴力団を排除していく事例
DVD
19 あなたならどうする?その「ひと言が」が分かれ道
45分
  事例を通じて不当要求の手口と対応
  事例1 アクセサリーが破損してけがをしたというクレームが不当要求へ(15分)
  事例2 個人情報の管理の杜撰な企業の弱みにつけこむ反社会的勢力(15分)
  事例3 プライベートタイムでターゲットにアプローチし、狙い撃ちする反社会的勢力(15分)
  事例を通じてシミュレーションで、良い対応方法を学ぶことができます。
DVD
20 排除の分かれ道
56分
  レストランチェーンの店舗と本社舞台に反社会的勢力との攻防を描いています。
   Part1では、間違った対応で問題提起をしています。(25分)
   Part2では、暴追センター等の解説を盛り込み、正しい対応を展開しています(31分)
DVD
21 明日を拓く勇気〜もう恐れる必要はない〜 37分
  飲食店・信用金庫・不動産業を舞台に、それぞれの事業者に暴力団員が接近し、不当要求を受けるものの、警察や暴追センターの協力により、改正暴対法や暴力団排除条例を駆使し暴力団等を排除していく過程を描く。
DVD
22 撃退
108分
  暴力団等に対する基本的対応要領
前記の対応要領を
   ・平素の準備(20分)
   ・有事の対応T・U(T30分・U27分)
   ・有事の対応ダイジェスト版(31分)
に分割して収録しております。
DVD
23 事前の備えこそ最大の防御(巧妙化する反社会勢力の罠) 60分
  1〜明確な意図を持って企業にクレームを付ける悪質クレーマー(23分)
2〜反社会勢力によるインターネットを悪用した不当要求(22分)
3〜暴排条項の記載のない契約書での取引のリスク(15分)
これらを事例ドラマで紹介し、各事例について、弁護士の解説が行われているものです。
DVD
24 暴排のシナリオ
93分
  1枚のDVDに4話を収録
 第1話〜
 機関誌・書籍・名簿等の不当要求に対しての対応から排除までを収録(23分)
 第2話〜
 寄付金・賛助金・会費等の要求に付き合えば、要求が拡大して行くばかりか暴排条例により、企業にペナルティーが課せられる場合を収録(22分)
 第3話〜
 因縁を付けられて金品を要求されたり物品の購入を要求された場合の念書に対する注意点や警察の保護対策等について収録(22分)
 第4話〜
 工事の下請参入要求に対して、企業の担当者を中心に勇気を持って関係を遮断するまでを収録(26分)
DVD
25 不当要求の見極めポイントと実践的対応テクニック 40分
 

苦情・不当要求の見極めポイント(24分)
 再現ドラマにより各項目のポイントを解説

  • 苦情と不当要求の区別
  • 本事例のポイント整理
  • 不当要求に応じるリスク
  • 対応マニュアルの内容
  • 本事例の妥当な解決策

不当要求を見極めるための事実確認のポイント(16分)
 苦情対応の基本動作のポイント解説

  • 再現ドラマA
     事実確認〜5W1H
  • 再現ドラマB
     本ドラマの適切な対応
DVD
26 不当要求に屈しないために〜基本的対応要領〜
30分
  このDVDは、暴力団等の反社会的勢力の資金を封圧し、その利権の構築拡大を防止するという重要性を十分理解し、有事における正しい対応要領を身につけていただくために、県警捜査第四課において作成したものです。
DVD
 
薬物乱用防止ビデオ
 
番号 タイトル・内容 時間
1 覚せい剤 40分
  覚せい剤使用により起こりうる悲劇をドラマ化して、誰にでもある危険性、一度打てば病みつきになる恐怖などに焦点をあて解説  
2 覚せい剤の害 25分
  10代までもむしばむ戦後第二のピークを迎えている覚せい剤、乱用体験をもつ14歳の少女の告白を織り込み、その害を動物実験などで解説  
3 ブレイン・クラッシャ 22分
  覚せい剤の乱用が小学生まで拡大しており、小学生高学年の生徒に分かるようにアニメーションとコンピュータグラフで解説  
4 覚せい剤の恐ろしさを知っていますか 31分
  一人娘が友達に誘われ、ダイエット感覚から覚せい剤を乱用し、購入代金欲しさに売春に至る…その後逮捕され更正を誓う(中・高校対象)  
5 狂気の構図
30分
  覚せい剤の主な薬物とその作用、何故やめられないか(依存のメカニズム)、出てくる幻聴・幻覚(依存者の証言)などで解説  
6 薬物乱用は「ダメ・ゼッタイ」 20分
  薬物乱用問題に対する質問に答えと解説をするQ&A方式のビデオ 例えば 薬物乱用とは? 一回だけなら大丈夫ではないですか?  
7 Trapトラツプ「罠」 37分
  一度だけならいいだろうという軽い気持ちで覚せい剤に手を出すOL、遊び感覚でMDMA(合成麻薬の一種)を飲む学生、気分を高めるために大麻を吸う会社員、そうした彼らの末路は?身近に潜む薬物の「罠」にかかる若者たちの姿を描きだすことで、薬物の「罠」に近づかないよう警告しています。
DVD
8 Lostロスト
〜大切なものをなくさないで〜
29分
  2本立て、一本目はインターネット掲示板から一度だけと安易な考えから薬物(大麻・覚せい剤)を購入し中毒者になっていく姿。二本目は女子大生が海外旅行ができるアルバイトに応募し薬物の運び屋として仕事をしてしまった姿を描いています。
DVD
9 ダメ。ゼッタイ。
「薬物乱用SOS!」
23分
  違法薬物にはどんなものがあるか、心身体にどんなダメージを与えるか、薬物の隠語等をわかり易く説明。中・高校生向き
DVD
10 ダメ。ゼッタイ。
薬物乱用は人をダメにする!
15分
  違法薬物の主な種類と身体に与える影響についてわかり易く解説。中学生向き
DVD
11 危険ドラッグは ”毒” だ!  
  独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター和田清部長監修による危険ドラッグの解説
DVD
Copyright(c) 公益財団法人埼玉県暴力追放・薬物乱用防止センター All Rights Reserved.